読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゃめちゃに言ってみよう

ガチブログ。なにがだろう・・・

僕の歴代No.1 アバウトタイム

僕の好きなDVD

 

第1位を紹介したい。

 

最初から1位の紹介で続きがつまらなくならないか?

 

そんな疑問はあるだろう。

だが、安心してほしい。

1位だけであとは無いだろう。そんなに人気になったならば別だが。

 

そして、僕の中でのベスト映画は、

恋愛部門ベスト1は

 

 

 

アバウトタイム

 

 

 

こちらだ。

この映画は素晴らしい。

設定自体は、SFチックな部分があるが上手いこと生かされている。

この物語に出てくる。

レイチェル・マクアダムスの可愛さが尋常じゃない。

 

レイチェル・マクアダムスの可愛さが尋常じゃない。

matome.naver.jp

 

 

ここは重要なので2回言った

 

 

物語は二人の恋物語

だが、ここで普通の恋愛映画と違うところは、主人公のティムが過去に行ける能力をもっていること。

この能力のおかげで、過去をやり直すことができる力を持ったティム

だが、現実ではこの能力で好きになった女の子に告白を試すも失敗。

打ちひしがれるティムにも新しい生活が始まる。

都会に住み、仕事を始めるティム。忙しい毎日になるも日々頑張っている。

そしれ

そんなティムに突如訪れる出会い。それがこのレイチェルとの出会いだ。

 

そこから二人は。。。

 

 

 

 

 

最初にSFチックとは言ったが、映画の中でSF系のことは、

このティムの能力ぐらいだ。

 

 

 

これは僕からの視点だが

この映画は主人公が男なので男目線の恋愛映画だ。

その点男の僕にはうれしい。この主人公目線は終始一貫しているので僕にとってはそれだけで高評価映画の題材になる。

それはなぜか。

 

やはり感情移入がしやすい。映画に感情が入るとまるで自分事のように感じられる。

楽しみも嬉しみも悲しみも全て共有できる。

 

 

そしてこの映画の二人の生活が素敵だ。

はたから見ればどこにでもいる、普通のカップルだが二人はとても楽しんでいるし、生活感が

ありふれているのがまた見ていて微笑ましい。

 

将来は僕もこんな奥さんと一緒になりたいと思わせてくれる。

 

ちまたでの恋愛映画はキュンやドキドキが多いが、こちらの映画はどちらかというと微笑ましくも、ずっと見ていたい。安らかな流れの映画。

たまに街にいる仲良しの家族をみて、微笑ましいなと思うのと似ている。

これだけ素晴らしい映画は僕の人生でなかなかなかった。

もうすでにAmazonで購入してしている。

そして、今もスマホに入れて暇なときは視聴している。

 

 

このブログを読んだ方は

ぜひ、アバウトタイムを見てほしい。

できれば恋する男。恋したい男。この映画をみてともにほっこりしよう。

 

 

 

 

終わり